寝るときに音楽を聴いて寝ると睡眠の質が下がる気がする…。

最近音楽を聴きながら寝るんだけど…寝起きが最悪なんだよね…。

起きてもなんかスッキリしなかったりするんだ…。

なんでだろうって調べてみたら意外なことが分かったからお話ししていこうかな。

歌詞のある音楽や曲は睡眠の質を下げるみたい。

どうやら大切なのは音楽の種類みたい。

私はグランロデオが好きなんだけど最近は米津玄師に浮気してたんだよね。

2つとも結構アップテンポな音楽が多いよね。

どうやらそれがいけなかったみたい。

歌詞があったり、テンポの速い曲だと睡眠中に脳が休めなくて睡眠の質が下がってしまうみたいだよ。

確かに常に音を聞いていると歌詞を考えちゃったり、内容を考えたり…疲れちゃうよね。

睡眠の質が下がっちゃうってことはわかったんだけど、なら逆に睡眠の質が上がる音楽があるのかな?なんて気になるよね。

川のせせらぎなどの自然音を聴いて寝むるのがよいみたい。

よくあるヒーリングミュージックってやつだね。

川のせせらぎや滝の音などが有名だね。

確かに普通に聞いていても落ち着くし、睡眠中にも良いんだろうね。

あとはゆっくりとしたオーケストラ音楽もいいみたい。

ゆっくりで一定のテンポ、歌詞がない、っていうところが良いようだね。

音楽はタイマーをかけておくことが大切

どうやら私が駄目だったのは音楽の内容だけじゃなくて音楽をかけている長さにもあったみたい。

さっき、ヒーリングミュージックがいいって言ったけど、あれは眠りにつきやすくする作用らしいんだ。

眠っている間はヒーリングミュージックだろうが何だろうが雑音になっちゃうみたい。

だから、寝る前に30分後くらいに切れるタイマ―をかけておくのがいいんだって。

睡眠に入った時くらいに音楽が無くなるのがいいみたいだよ。

スポンサーリンク
レクタングル(大

最後に

音楽を聴きながら眠ると睡眠の質が上がるっていうのは勘違いだったみたい。

ヒーリングミュージックなら寝ている間もいいと思ってたけど…違ったなんて。

これからは気を付けて音楽をかけないとね。

皆も眠る際には音楽の扱いを間違えないように注意して良い睡眠をとりましょうね。

スポンサーリンク
レクタングル(大
レクタングル(大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする